情熱と気楽さ

読んだ本、観た映画

高校数学やりなおし

前回の記事を書いてから1年近くが経過していて、我ながらびっくりしましたw
よく、またここに記事を書こうという気持ちになったもんだと。

 

昨年は映画や小説を読もうとしていたっぽいですが、今年の私は数Ⅰの問題をひたすら解く日々を送っております。

もともと、数学や科学の世界へのあこがれは大きい方だと思うのですが、高校時代に勉学をサボりすぎたせいで基礎的な知識が欠落しまくっておりまして……

あっちを見てもこっちを見ても「おもしろそう」で「もっと知りたい、わかりたい」ことはてんこ盛りなのに、ちょっと調べ始めるとすぐに壁にぶつかって先に進めない、ということを長年繰り返しまくってきて、さすがにそろそろ嫌気がさしてきたのです。

 

てなわけで、数Ⅰから出直し中なわけですが、これが意外と楽しくてですね。

「ここ、ややっこしそうだから飛ばしたいな〜」

と思っても、

「いや待て。『わからないことをわかるようになる』ためにやり直してるのに、そこを飛ばしてなんになる?」

とオノレに言い聞かせて取り組むようにしていたら、(当たり前だけど)以前の、現役の高校生だった頃もよくわからなかった問題を、今の私はちゃんと(ある程度は)理解して、(ときに)すらっと解けるようになってきたのですよ!(注釈多いな)

 

すごいね!

じっくり取り組んだら、自分にとって「わかんなくて当たり前」だったことも、わかるようになったりするんだね!

そんな感じに、小躍りしながら進めている次第です(とか言っても、まだ展開と因数分解のとこですけれども。先は長い)。

 

 

問題を解きながら、高校の頃をよく思い出します。

あの頃の私は、とにかく何もかもがちぐはぐでした。

予習復習はおろか、毎回出される宿題もやったこともなく、授業の直前にあわてて解き始めても間に合うわけもなく、結局授業中に当たらないことを祈りつつ前の授業の宿題(それも自分が当てられそうなところだけ)を必死に解くか、あるいは誰かに見せてもらって書き写す。

 

授業はわからない。

時々、新しい単元に入ったばかりの時だけはわかった気持ちになれるけど、復習もしないのですぐにまたわからなくなる、の繰り返し。

 

何もかもがわからないので、時々勉強をイチからやりなおしてみようとはするけれど、その時受けてる授業からやればいいのか、並行して最初からやればいいのか、そもそも最初からやりなおしてる時間なんか本当にあるんだろうかとか、いろんな、ゴミみたいな心配事がぐるぐるぐるぐる頭の中をいっぱいにしていって、結局悩んでるだけで時間が無くなって、また次の日も同じことを繰り返すだけで勉強はひとつも進んでないとか。

 

 

とにかく、ぐちゃぐちゃな時間を過ごしてました。

高校生の頃の私は。

 

 

今ならば。

あのときの自分に言ってあげられることが幾つかあるな。

 

 

「慌てなくても大丈夫だよ」

 

それから、

 

「ちゃんとわかるようになるから大丈夫だよ」

 

 

そう言ってやりたいです。

 

つい最近まで、「数学をやりなおす」ことを考えるたびに「どのくらい時間がかかるんだろうか」とか「今更やりなおすなんて無駄じゃないのか」とか「あれもこれも本当に覚えきれるんだろうか」とか、本当にいろんな心配が頭の中でいっぱいになって、焦って焦って仕方がない感じになっていたのだけれど、やっと今、

 

「べつに時間はいくらかかったっていいじゃん」

 

「ぜんぶ覚えきれなくても、忘れても、そのたびにまた振り返って勉強しなおせばいいじゃん」

 

って、そんなふうに思えるようになって、ようやく何かが吹っ切れた。

そしたら不思議なもので、「悩みごと」に持っていかれる時間が少なくなったので、思っていた以上にサクサクと勉強がはかどるようになったと感じています。

 

おもしろいもんですね。

私の場合、どこまでも私の邪魔をし続けていたのは、「自分自身が抱え持ってる不安」だった、ということみたいです。

 

そんなこんなで、ゆったり、のんびり、高校数学をやりなおして行こうと思ってます。

今日ようやく、展開、因数分解、分母の有理化などが終わって、次は不等式の計算に入りま〜す。

 

 

 

現在の勉強のおともは白チャートw

読みやすいけど、時々解法の説明が物足りないな〜と感じるので、数1とAが別々のものにしといた方がよかったのかも。

チャート式基礎と演習数学1+A

チャート式基礎と演習数学1+A

 

 

本屋で見てた感じでは、この旺文社の参考書がわかりやすかったので、うっかり買ってしまいそう…… 

総合的研究 数学I+A (高校総合的研究)

総合的研究 数学I+A (高校総合的研究)