読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱と気楽さ

読んだ本、観た映画

インド映画「PK」を観る

pk-movie.jp

私にとっては初のインド映画。

ほとんど前知識のないまま観に行ったのだけど、とにかくびっくりすることの連続だった。

そもそも、SFだったのかよ!? というところにまず驚いてみたりとか。

 

最初の頃は普通に楽しいだけのコメディと思ってたので、「ちょっと話の流れがタルいな~。途中で退出しちゃおうかな」ともチラッと思ったりもしたのだけれど、唐突にダンスが始まったり、痛そうな修業にギャーとなったりしてるうちに物語は佳境に入り、目が離せなくなっていった。

 

びっくりするほどシンプルに、ピュアに、そして果敢に宗教問題を扱っていたので、色々と度肝を抜かれた。

インドがこんな風に宗教を題材にしても大丈夫なくらいオープンな国だとは知らなかった。

 

最後の方はボロボロ泣いてた。

誰も差別されずに、「かけ違い」を指摘しても誰も傷つけられたりすることのない世の中になればいいのに。

そして兄貴のように犠牲になるひとが出ない世の中になればいいのに。

そして、宗教に引き裂かれることもなくなればいいのにね。

 

 

最後の、PKのトランクの中身の描写もよかった。

拡げた風呂敷がすべてきれいにおさめられて、見ていてとてもスッキリ出来た。

 

予想よりずっと深くて、いい映画だった。

この監督の他の作品もまた観てみたい。