情熱と気楽さ

読んだ本、観た映画

「下町ロケット」と「銀行仕置人」

シン・ゴジラ」を観た後で、何故か「フィクションにもっと触れたい! 小説もいっぱい読みたい!」モードに突入してしまった私は、とりあえず図書館に行ってみた。

図書館の、さして広くもない小説コーナーに立ちながら、ここに名前が並ぶ作家たちの本のほとんどを私は読んだことがないんだなあ……などと思ってちょっと途方もない気分になった。

 

自分の好みもよくわかっていない状態なので、とりあえずはポピュラーで読みやすそうな人気作家のものにしよう、と思った。

図書館内をうろうろと何周かしてみて、手にとったのはこれ。

銀行仕置人 (双葉文庫)

銀行仕置人 (双葉文庫)

 

 

ドラマの「半沢直樹」の原作になった「オレたちバブル入行組」 を書いた人だよなあ(当然ドラマも見てないし原作も未読)、元々銀行員だったらしいから、銀行の描写は安心して読めるかも、と思って読んでみた。

「仕置人」とある通り、ドラマの必殺シリーズのようなキャラ設定だな、と思った。

悪役がものすごくわかりやすく悪役。

ミステリーっぽい造りなので、ぐいぐい話が進んでいって読みやすい。

読後感も必殺シリーズみたいだった。中村主水が出てきそう。

 

あっという間に読んでしまったし、この人の小説はおもしろいぞ、と思ったので、続いて下町ロケットも読んでみた。

 

下町ロケット

下町ロケット

 

 

 

 

下町ロケット2 ガウディ計画

下町ロケット2 ガウディ計画

 

 

1より2の方がストーリー展開がこみいっていた。
これはすごいなあ。これだけこみいってて、あちこちに場面が飛ぶものを書くのは並大抵じゃないな、と思った。

このシリーズも悪役がめちゃくちゃハッキリ「悪役」してる。そのせいで主人公へ感情移入がしやすいし、最後にスッキリして終われるんだな。

 

この人の小説はぐいぐい引っ張ってもらえて、勧善懲悪の展開が多く、読みやすい。
モヤっとした気分の時に読むと、すっきりして眠れそうな気がする。
他の作品もたくさん出版されてるようなので、これからぼちぼち読んでいこう。