読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱と気楽さ

読んだ本、観た映画

ハドソン川の奇跡

短めの映画で、ストーリーラインもいたってシンプル。

素人な私が後から考えると「このシンプルなストーリーが、なんで映画に成り得るのだ?」と不思議な気分になったりもするのだけど、この映画で感動してしまったことは事実なわけで、そこが監督や出演者の腕前なのかなあと思う。

 

主人公のサリーが見る、ビルへ突っ込んでいく飛行機の幻影の映像などを見つつ、そうだよなあ、9.11の事件からまだ数年しか経ってない頃に起きたことなんだよな、載ってた人達も、オペレーターも、飛行機が落ちていく光景を見守った人達も、皆怖かっただろうな、と思いつつ観た。

 

公聴会での「この場に操縦士、副操縦士が揃って出席したのはこれが初めてです」というようなセリフがあったけど、それが一番重くて深いと思った。

 

ラストの副操縦士のセリフも格別!

 

エンドロールでは素敵なサプライズがあるので、立ち去らずに最後まで見てほしい。

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村